一般社団法人メディカル・プラットフォーム・エイシア [MedPA]

English
現地活動だより

インドネシアにおける医薬品市場調査報告書

2014.2.10

インドネシアにおける医薬品市場調査報告書

平成23年7月28日
西山 正徳

1.健康疫学状況

 人口 2億3800万人、 対GDP比の医療費支出は2.2%
 平均寿命は70.8歳、新生児死亡率3.1%、5歳以下死亡率4.1%

2.医療・保険制度

 病院は1300カ所程度。病床や専門医の存在と通じてABCランクが付けられている。
 保険は以下の種類がある。

 (1)Askes(2)工場労働者向け(3)生活困窮者のための公的保険(Jamkesnasi)(4)民間保険

3.薬事状況

 医療用医薬品の分類は3分類
 —先発医薬品
 —ブランドジェネリック(先発の60〜80%の価格)
 —ジェネリック(先発の20〜40%の価格)

 薬局数は11000カ所程度 (KIMIA 400, Pharos 350等)
 医薬品企業は国営社、民間企業168社、外資33社、流通企業は2300社存在する。
 ASEANの2011年時点での医薬品市場は125億2千万US$で、そのうち34%がインドネシア市場、
 約2900億円で、そのうちジェネリック市場は300〜400億円。

4.個別企業

 (1)KIMIA FARMA
 (2)Indo FARMA
   国営企業で第一位。80%が医療用医薬品、20%がOTC。人員750名。
 (3)PHAROS
 ・1971年創業の薬局、製造、流通、広告等を手がけるグループ企業。
 ・売り上げ 約77億円、2006年から毎年40%の成長率で、現在第6位。
 ・170種類、500品目を工場3カ所で製造、350の薬局で販売している。来年は150店舗増やす。
 予定。MRは2236名。
 ・抗がん剤、ホルモン剤、造影剤、バイオシミラー等ハイテク医薬品は日本に期待すること大。

(分析)
1.思ったよりも企業力を付けてきている印象。特に、インドネシアにない医薬品の輸入には興味があ るが、ジェネリックについては自国生産を強化。政府もジェネリック使用推進、自国企業保護を念頭においている。また、二大国営企業の存在は大きい。

2.医薬品審査の状況、保健省傘下の医薬品審査機構の状況把握は必要


インドネシアEPA看護師候補者の帰国者の皆様へ Kepada para kandidat perawat program EPA yang telah kembali ke Tanah Air

再チャレンジプログラム Program mengikuti kembali Ujian Nasional Perawat di Jepang

  • 日本語
  • BahasaIndonesia
  • ENGLISH
2015年度 Re-Challenge Program 選抜試験結果
入会のご案内
お問い合わせ
ニュースレター